カラフルエイジングクラス☆中級第二回

0
    カラフルエイジングクラス担当 亀井 泉です。

    ここ数日は、夕方の風が涼しくなって、上海の暑かった夏もそろそろ終わりそうですね。

    学校も夏休みが終わり、親子揃って休みモードだった気分も、ようやく切り替わってきた感じです。


    中級第二単元では、初級第一単元で軽く触れた色の知識について、もう少し詳しくお伝えします。

    色を見るために必要なものは 〇物体 〇目 〇光(照明) の3つです。

    この3つを、色々な角度から例を挙げて説明していく内容です。


    私たちの周りには、当たり前のように存在している色ですが、色の無い世界もあります。

    色は、光の反射と吸収によって見えるものですので、光がなければ色もないという事になります。

    例えば、灯りのない夜の暗闇では色は見えないので、色の無い世界ですよね!

    光がある昼間でも暗闇と同じように、色の無い世界として見える遺伝子型もあります。

    血液型がそれぞれ違う型があるように、色の見え方も違う型があるという事ですよね。


    地球上に存在する生物は、それぞれ色の見え方が違います。

    人間が見えている色は、可視光線と呼ばれる、光の中で限られた部分だけです。

    魚や鳥、昆虫などは、紫外線という可視光線の範囲を越えた人間には見えない色も見えます。

    (紫外線撮影の写真 Nikon サイトより)

    この写真は、人間の眼には黄色の花にしか見えないけれど、蝶には紫外線を吸収している黒い部分が見えています。

    その色によって、蜜のある場所が分かるのですね〜〜すごい

    人間にも色のない世界の遺伝子型をもつ人も存在しています。

    ミクロネシア連邦のピンゲラップ島は、12人に1人を1色覚者(錐体を持たない)が占める島である。

    これは、1775年頃に島を襲ったレンキエキ台風によって人口が20数人にまで減ってしまい、その生き残りに1色覚者がいたため、孤立した環境で近親婚を繰り返した結果、1色覚者の割合が高くなったものである。

    1色覚者は暗い場所で微妙な明かりを見分けることができるとされている。

    このため、ピンゲラップ島において1色覚者の人々は、月明かりの下でトビウオを捕まえる極めて優れた漁師であるといわれている

    「色のない島へ 脳神経科医のミクロネシア探訪記」より抜粋


    地球上には人間の見える色だけでない色が存在するのですね〜〜

    色々なタイプの遺伝子が存在するからこそ、お互いに助け合い補い合うことができるのですよね!!

    それにしても「紫外線の色ってどんな色なんだろう??」 とっても興味があります。

    色の世界って、知れば知るほど奥の深いものですね。


    カラフルエイジングクラス☆中級第一回

    0
       カラフルエイジングクラス担当の 亀井 泉です。

      日本と同じく、上海も残暑の厳しさが続いています。

      約1ケ月の夏休みが過ぎ、中級クラスの第一回目が始まりました。

      他のクラスより少し早い開始ですが、補講に参加されたKさんを新しくお迎えして

      初級から引き続き、受講生のみなさんとの久しぶりの再会でした


      第一単元は、人間同士のコミュニケーションを上手にとる方法やルールなどを

      分かりやすく例を挙げながら説明していく内容です。

      10項目のルールがありますが、その中に「感謝の気持ちを伝える」というルールがあります。


      何かを相手にしてもらった時、日本人は「すみません、、」と言ってしまいがちですよね。

      でも感謝の気持ちを述べる時には、「ありがとう」という言葉を使って感謝を伝えましょう!

      というルールです。


      そういえば エレベーターに乗る時、先に中でボタンを押して待っててもらった時に

      「すみませんっ!!」って、言ってしまいますよね〜 ← 受講生の方より頂いたご意見です

               

      本当にその通りですね!!

      でも、ボタンを押して待っていたのがもし自分だったとしたら・・・と考えると

      「すみません」より「ありがとうございます」の方がうれしい気持ちになりますよね。

      「ありがとう」という言葉って、人をとてもうれしい気持ちにさせる言葉なのですね

      山元加津子さんの随筆に「ありがとう」という言葉の大切さについて書かれたものがあります。

      こんな良い事があるなら、私もたくさん「ありがとう」って言いたいな〜って思いました。


      ありがとうの花を咲かそう

      山元加津子(特別支援学校教諭)

      「ありがとうの花」のお話をもう一回してほしいと言いました。

      それはこんな話でした。

      特別支援で出会った千恵ちゃんのこと。

      千恵ちゃんはね、トイレでもどこでも、
      私が千恵ちゃんを抱きかかえたら、「ありがとう」、
      座ってもらったら「ありがとう」って
      ありがとうを何度も何度も言うんだよ。

      千恵ちゃんに、

        「そんなにありがとうって言わなくてもいいよ。
        私は千恵ちゃんとトイレに来るのがうれしいし、
        千恵ちゃんといると楽しいし、そんなに何度もありがとうばかり言っていたら、
        千恵ちゃんずっとありがとうばかり言わなくちゃならなくなるよ」

      って言ったの。そうしたら、千恵ちゃんがこう言ったよ。

        「かっこちゃん、そうじゃないよ。お母さんが教えてくれたの。
        ありがとうって言うと、千恵子の心に花が咲くよって。
        相手の心にも自分の心にもありがとうって言うと花が咲くよって。

        お母さんがね、千恵子は事故で障害を持って、
        なくしたものもいっぱいあるかもしれないけど、
        そのおかげで、ありがとうっていっぱい言う機会をもらったんだよ。
        人に手伝ってもらわないと千恵子は生きていけない。
        でも、そのたびにいっぱいありがとうと言えるね。
        そうすると、心に花が咲くんだよって、お母さんが教えてくれたよ。

        かっこちゃん、ありがとうと言うと、うれしいよ。
        ありがとうと言うと、しあわせになる。私もみんなもしあわせになる。
        私は、みんなに手伝ってもらわないといけない。
        でもだからこそ、ありがとうがいっぱい言える体にしてもらったんだよ」

      千恵ちゃんがそう教えてくれたの。私は泣いたんだよ。
      トイレで千恵ちゃんと抱き合って泣いたの。
      ありがとうっていっぱい言って泣いたよ。
      私はそれから、ありがとうと言うと、なんだか、
      心にひまわりがひとつ咲いた気がしたの。
      千恵ちゃんはひまわりが好きだからね。



      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • バンコク校 火曜日
        堀江智子
      • バンコク校 木曜日
      • バンコク校 木曜日
        M子
      • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
        mika
      • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
        nami
      • リレー診断☆
        ゆうこ

      links

      profile

      書いた記事数:2148 最後に更新した日:2015/06/27

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM