カラーデザイン検定3級対策講座(第3回)@東櫻花苑

0
    カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。

    第3単元では、色名についてお勉強しました
    ねずみ色、ターコイズ、ラベンダー、ボルドー。。。。などなど
    耳になじみのある慣用色名。

    慣用色名は、連想しやすく親しみやすいというメリットがありますが、
    たとえば「山吹色」と聞いて、「山吹」が何か分からない場合、
    まーったく何色か想像がつかないというデメリットがあります。

    それを、色相・明度・彩度の三属性を使って具体的に表わすのが系統色名。
    ルールに従って「山吹色」を表わすと、「鮮やかな赤みの黄」となって、
    山吹を知らなくても、何とな〜くどんな色か想像できます

    山吹はこんなお花です。



    話はちょっとずれますが、、、、
    小判の金色を山吹色に例えて、「山吹色のお菓子」といい、
    袖の下(ワイロ)の意味になっています。
    越後屋がお代官に渡して「お主も悪よのぅ〜」と言われている、アレですね。
    時代劇は見なくても、そのシーンは想像できますよね(笑)
    実際に昔の人は、そうやってワイロを渡していたのかしら・・・??

    今はそれをパロディにしたお菓子も出ているみたいです。
    これ、面白い〜。誰かに贈ってみたいです


    だいぶ話がずれちゃいましたが
    慣用色名とその由来、印象に残る覚え方ができれば、
    楽しんで頭に入ってきますね〜

    来週もよろしくお願いいたします


    黒瀬 幸代

    カラーデザイン検定3級対策講座(第2回)@古北校

    0
      カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。

      先日のブログで、のどが痛いと書いたのですが、
      ブログ更新の後しばらくしてから、何とな〜くイヤな予感
      声が出なくなりそう・・・
      去年の春節に声帯を痛めて、1週間ほど声が出なくなったのですが、
      その時と同じような感じ。。。
      昨夜は子供たちとの会話はすべて口パク&ジェスチャーにして、
      何とか講座に備えたのですが、お聞き苦しい点があったと思います。
      ごめんなさい
      体調管理、何より大切ですね
      早速病院に行ってお薬をもらってきました。
      早く「ええ声〜」でお話しできるよう、養生します


      というわけで、昨日は古北校にて、カラーデザイン検定3級対策講座でした
      2週間ぶりの講座でしたが、みなさんいかがでしたか?

      トーンの名前の復習をしながら、実際に各トーンの色みもカラーカードを使ってみていきました。
      色とりどりのカラーカードを、実際のトーン表のように並べてみるとキレイでしたね。
      「私このトーン、好き」「パウダリーとスモーキーって、一見似てる
      など、カラーカードに触れて、自分で見て、感じて。。。いただくと、
      色をより身近に感じられます。
      これからもカラーカードに触れる機会がありますので、楽しみにしていてくださいね

      それから今日は、マンセルについても勉強しました。
      色相環の主要10色相、思い描けますか??
      お洋服の色、商品パッケージの色など目にする物について、
      この色はどの色相がどのトーンに変化したあたりのものかな〜?
      と想像するのも、お手軽トレーニングになりますね
      ちょっとした時間にぜひやってみてください

      今日もお疲れさまでした
      来週もよろしくお願いいたします


      黒瀬 幸代

      カラーデザイン検定3級対策講座(第2回) ☆ 補講

      0
        カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。

        先週終わりあたりから、子供たちの体調が崩れ気味
        土日とも病院に行って、そこで何かもらったらしく、
        私までのどが痛い。。。
        のど飴と、たっぷりの睡眠と栄養で復活するぞ〜

        昨日は、先週の講座に来られなかったNzさんの補講を行わせていただきました。
        マンツーマンなので、当てられるのは自分しかいないという
        自分が受講生だったら緊張してしまう状況でのレッスンでしたが、
        Nzさんはバッチリでした〜
        お疲れ様でした

        もともとネイルを勉強されているNzさんなので、
        色にも興味を持っていただけているようで、
        理論的なお勉強になりますが、スーッと頭に入っていくようです
        各トーンのイメージや、これから勉強する配色などの知識は、
        ネイルにも活かしていただけます
        これからも楽しみながら、進めて行きましょう〜


        黒瀬 幸代

        カラーデザイン検定3級対策講座(第2回)@東櫻花苑

        0
          カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。

          昨日は、第2回目@東櫻花苑でした。
          第1回目では日本の表色系(色の法律のようなものですね)を勉強しましたが、
          第2回目ではアメリカの表色系、マンセルについて勉強しました
          マンセルは、これから学ぶ色の基礎・土台となるものなので、
          しっかりと身につけて行きたいですね

          「マンセルに関しては、今回のカラーデザイン検定3級の出題範囲ではないので、
          リラックスして聞いてくださいね〜」と初めにお伝えしましたが、
          とても熱心に聞いていただいて、ありがとうございます

          第1回目で勉強したトーン(色調)もしっかりと理解されていましたし、
          これからもこのペースでゆっくりと知識を吸収していけば、
          きちんと自分の中に落とし込むことができてくると思います


          Nさんは、第1回目の授業の後、プレッシャーからか、
          「トーン表をぶつぶつ言いながら覚えている」という夢を見ました と、

          Oさんも、「久しぶりの勉強なので、先週は家に帰ったら、どっと疲れがでてしまいました〜」と
          コメントいただきました。

          みなさんが努力されていることは、必ず身についてきます
          大人になってこうやって勉強することなんて、なかなかないですもんね。
          「やってみよう」と一歩を踏み出したことに、意義があると思います。
          私も今回は1級の受験生です。
          一緒に頑張っていきましょう〜

          黒瀬 幸代

          カラーデザイン検定3級対策講座

          0
            カラーデザイン検定3級対策講座を担当させていただきます、黒瀬 幸代です。

            先週水曜日は古北校で、金曜日は浦東・東櫻花苑校で、
            カラーデザイン検定3級対策講座が始まりました
            古北校では4名のみなさまと、東櫻花苑校では3名のみなさまと、
            一緒に講座を進めさせていただきます

            こちらの講座は、美色コーディネイト講座とはまたちょっと違い、
            色を理論的に、しっかりと勉強していく講座です。
            毎日の生活でも使えるような知識がたくさんですので、
            楽しみながら資格取得にチャレンジしていただければと思います

            第1回目では、これからの基礎となる色の知識を勉強していきました。
            2時間の講座の間に、覚えることがたくさん
            講座終了後は久々の「勉強」という感じに、
            ちょっと疲れてしまった方もいらっしゃるかも
            ですが、この程よい緊張感がきっと、毎日の生活にハリを与えてくれます
            頭をフル回転させて講座を受けていただいた後は、
            おいしいランチで気分をリフレッシュしてくださいね〜

            そして、毎日少〜しずつでもいいので、
            講座で勉強したことを復習する時間を設けてもらえたら嬉しいです

            色々な知識、みなさまにわかりやすくお伝えできるよう工夫していきたいと思います。
            全8回の講座、どうぞよろしくお願いいたします

            黒瀬 幸代

            色彩検定・カラーデザイン検定対策講座  第7回

            0
              検定定対策講座  月曜日クラス担当の大澤です。
               
              今回は臨時で6月10日金曜日にこの第7回目の授業を行いました。

              なのに、今になっての更新。

              みなさんのPCの環境はどうなのかわかりませんが、
              家では週末、ホント、PCがつながりにくいです。

              このブログに書き込もうと思っても、
              全くアクセスできませんでした。

              亀井先生は難なく書き込みしていらっしゃるので、
              大丈夫なのでしょうね。
              これも、PCとの相性なのでしょうか?
              ホントに困ります。

              今朝になってようやくアクセスできましたので、
              これから書き込みたいと思います。


              第7回目は前回の宿題の答え合わせから。

              宿題になっていたのは
              ナチュラルハーモニーとコンプレックスハーモニーの
              配色問題。

              このナチュラルハーモニーとコンプレックスハーモニーは
              色相環の色相の位置と
              明度表がないと解けません。

              おまけに明度を上げるのか、下げるのか、
              頭の中で考えなくてはいけないので、
              混乱しそうです。

              最初はなかなか飲み込めませんでしたが、
              そのやる気とがんばってきた復習の成果で
              大正解!!

              その後も何問か同様の問題を出しましたが、クリア!

              すごいですね〜。

              「g2を使用した類似色相で濁色のコンプレックスハーモニー」

              改めてその難解な問題文を見てみて、
              その問題が解けるっていすごいなって感じてください!
              ぜひぜひご主人に自慢しちゃいましょうね。

              その後は本日のメイン、インテリアについて。

              インテリアの配色は床→壁→天井の順に明度をあげるとか、
              配色には統一感を出す方法と、色味を際立たせる方法がある、とか
              お部屋の季節感を出すには小さな小物を活用して、アクセントにしましょう等々、

              実際の生活になじみがあって、役立つ情報満載でした。

              なんとなく、自分の好みや感性でお部屋のコーディネートを
              されていたと思います。

              でも、今回、その理論を学びました。
              ぜひぜひ実際の場で役立てていただきたいなと思います。

              なんだか、自分が本当にインテリアコーディネーターになった
              気分になれますよ。
              それに、理論に裏打ちされた配色は
              必ず、心地よいものになるはずです。

              お洋服でもそうなんですが、
              私はいつも無難に白と黒とか、
              ナチュラルな配色ばかりしていました。

              でも、カラーを学んでからは、
              無難な色ばかりではなく、
              「色」を取り入れると、華やかに、気持ちが明るくなるということに
              気がつきました。

              インテリアでも、無難な色の中に、
              きれい目カラーを一色でも入れて見てください。
              お部屋の雰囲気ががらっとかわりますし、
              自分自身の気持ちもUPします。

              お子さんに対する態度も優しいママになれるかも!

              どんどん学んだことを実践してみてくださいね。
              忘れないうちに!


              授業後まもなく、上海特有のものすごい大雨と雷になってしまいました。

              みなさん、無事にご帰宅できましたでしょうか?
              きがかりでした。

              こちらも梅雨入り。
              雨にもマケズ、これからもがんばりましょう!

              ありがとうございました。


              大澤由美子

              色彩検定・カラーデザイン検定対策講座 第6回

              0
                 検定対策講座 月曜日クラス担当の大澤です。


                月曜日、ここ中国では”端午節”の祝日です。
                日本では端午の節句はお休みにはなりませんが、
                伝統を重んじる中国では、この昔からある端午が
                祝日になっています。

                みな、粽を食べます。
                粽といっても、日本の和菓子のようなものではなく、
                お肉や卵が入ったガッツリ系のもの。
                いわゆる”中華ちまき”です。

                コンビニやお菓子屋さんでも売っていますが、
                手作り派もまだまだ多いようです。

                そんなのんびりな感じの休日にもかかわらず、
                しかも、結構な雨にもかかわらず、
                今回もしっかり勉強しようと
                みなさん集まってくださいました!

                やる気満々で、嬉しい限りです。

                また、本日、私、喉を
                痛めていたのですが、
                受講生のKさんが、大根+蜂蜜で出てきたジュースを飲むと
                喉にいいですよ!と教えてくださいました。

                家に帰ってさっそく実行。
                確かに、のどのイガイガ感がなくなりました。

                喉を使うお仕事。
                セルフケア、大切です。
                Kさん、どうもありがとうございました!


                今回もまた、前回の復習を兼ねて過去問に挑戦!

                配色についての問題でした。

                配色って、いつもなんとなく感覚的に
                コーディネートしてることが多いですよね。
                でも、理論もしっかりあるんです。
                その理論も、なんとなく飲み込めていても、
                いざ、文章になると、理解するのが難しいです。

                問題文、結構難解で、いやらしい感じ。

                でも、今回もがんばって復習してきてくださったようで、
                70%いけました。
                特に、前回の過去問があまりできなくて悩んでいたIさん。
                今回は100点いけました。
                この調子でがんばってね。

                今、間違えるのは全然OK.
                自分の弱いところを見つけるのが、
                過去問挑戦です。
                落ち込まないで、前向きにいきましょう!


                さて、本日もまた、配色です。

                色相分割による変化のある配色。
                ダイアード、トライアド・・・。
                聞きなれない言葉がまた出てきました。

                でも、色相環を2分割にしたり、3分割にしたりと
                結構作り方を覚えてしまえば、
                そんなに難しくはないと思います。

                難しいのはその後に勉強した
                ナチュラルハーモニーとコンプレックスハーモニー。

                どちらも、明度表を使って、色相環を使って、
                頭を使って考えなければなりません。

                黄色に近い色を明るくするのがナチュラルハーモニー。
                逆に青紫に近い色を明るくするのがコンプレックスハーモニー。

                どちらも配色問題解くのが大変でしたが、
                出来上がった配色をみると
                みなさん
                「きゃあ、きれい〜!」

                問題は難しかったですが、
                カラーカードを切ってはって作った
                その配色の感じをよく覚えていてくださいね。

                自然な感じのナチュラルハーモニーと
                不自然な感じだけれどなんだかおしゃれなコンプレックスハーモニー。

                毎回貼った配色はいつも眺めて
                感覚的にも覚えるようにしてくださいね。


                本日、足元の悪い中、
                来てくださって本当にありがとう!

                嬉しかったです。

                次回もよろしくお願いいたします。


                大澤由美子

                色彩検定・カラーデザイン検定対策講座 第5回

                0

                   検定対策講座 月曜日クラス担当の大澤です。

                  少し暑くなった月曜日。
                  でも、雨の日より私は好きです。
                  日本も梅雨入り。
                  ここ上海ももうすぐ、雨続きのお天気がやってくるかと思うと
                  とっても気が重いです。
                  ですが、教室にはやる気満々の生徒さん。
                  はりきってスタートです!!

                  今回のカラーデザイン検定、
                  とってもたくさんの方々が受験されるそうです。
                  80人近いとか!
                  すごいですね。
                  受験者も様々なようで、fillの受講生だけでなく、
                  一般企業にお勤めの方々も、男性の方々もいらっしゃるとのこと。

                  これからもどんどん増えていってほしいです。
                  対策講座もやりがいがありますね。


                  今回もまた恒例の過去問に挑戦です。

                  前回の基本色名・慣用色名・系統色名の範囲。
                  今回は少々苦戦していらっしゃいましたが、
                  それでも60〜70%取れました!

                  修飾語がいっぱい出てきて、
                  非常にややこしいです。
                  私も、飲み込むのに時間がかかりました。
                  あの苦しみを今、みなさん味わっていらっしゃいます。

                  でも、毎日少しずつでも、修飾語をまとめた表をながめてください。

                  だんだんと入ってきますよ。
                  大丈夫です!


                  さて今回は配色技法について。

                  ドミナントカラー、トーンオントーン、カマイユ・・・

                  あれ?どこかで聞いたことがあるような?
                  そうです。中級講座で勉強しました。
                  古い記憶を掘り起こしてみてくださいね。

                  配色の練習問題もやってもらいました。

                  実際にカラーカードでその配色の色を確認します。

                  きれい〜!!
                  って思わずうっと〜りの声があがります。

                  そしてカードを切って貼ります。

                  満足感たっぷり。

                  みなさんの目が輝いているのを見て
                  とっても嬉しくなりました。

                  理論って難しいことがあるかもしれませんが
                  実際は、私たちが日常に見慣れていることを
                  勉強しているだけです。

                  今日の配色も
                  お洋服のコーディネートに生かせますし、
                  町を歩いていて見かけるポスターや看板だったり、
                  スーパーの商品のパッケージに生かされています。

                  ぜひお店などで、気にかけて見てみてくださいね。
                  普段見慣れているものを、
                  新しい視点で見てみましょう。
                  わくわくな発見が必ずあります。
                  ”色”を勉強している実感も味わえると思いますよ。

                  今回もどうもありがとうございました。


                  大澤由美子



                  色彩検定・カラーデザイン検定対策講座 第4回

                  0
                     検定対策講座 月曜日クラス担当の大澤です。

                    本日は雨。
                    肌寒い中、みなさん来てくださってありがとうございました!
                    木曜クラスからの振替の方も加わって、
                    本日はさらに、パワーアップな感じでスタート!


                    まずはいつもと同様、前回の復習をかねて過去問に挑戦です。

                    みなさん、マンセルシステムの色相を表す数字の数でひっかかってしまいました・・・。
                    正解は1〜10までの数字。
                    みなさんは1〜100と解答してしまいました。

                    ここは実はひっかけ問題。
                    マンセルは100色相ですが、それを表す数字は1〜10までの数字です。

                    見事落とし穴にはまってしまいました。
                    でも、今、穴にはまっておけば、本番には落ちないですよね。
                    ポジティブに考えて、次に進みましょう。


                    第4講は色名について。

                    ”色名っていまさら何?”と思われたことでしょう。
                    実は色名には2通りあるのです。

                    桃色、ねずみ色、ターコイズブルー・・・

                    日常、よく私たちが使っている、こんな色名は慣用色名といいます。
                    非常になじみがあって、イメージしやすいですよね。

                    でも、こんな慣用色名は、イメージしやすいですが
                    人、それぞれ思っている色は、実際には微妙に違うことがあります。
                    濃いめに感じていたり、薄めに感じていたり。

                    そんなあいまいさをなくそうと考えられたのが、系統色名です。
                    「明るい赤」「黄緑みの白」等々、
                    知覚的印象を表す修飾語+基本色名で表します。

                    この系統色名、修飾語が多数あり、
                    有彩色と無彩色とでは、その使える修飾語が違っているというのがややこしいところ。
                    さらに、修飾語の語順も違います。

                    実は、講師の私自身、一番苦手だったところです。

                    頭では理解できているはずなのに、なんだかストーンと入ってこない。
                    いやな感じ。

                    でもね、修飾語をまとめた表を
                    何度も繰り返し見ていると、
                    どんどん、慣れてきますよ。
                    大丈夫です!

                    いつもは明るく元気なこのクラスですが、
                    今回は少々、沈み気味・・・。

                    何ついてでも、いつも順調なわけではありません。
                    山あり、谷あり。
                    楽しいところもあれば、苦しいところもあります。

                    今回は少々、苦しかったかもしれませんが、
                    次回は配色技法についてです。
                    きっと楽しいと思いますよ。
                    こうご期待!

                    本日もありがとうございました。


                    大澤由美子

                    色彩検定・カラーデザイン検定対策講座  第3回

                    0
                       検定対策講座 月曜日クラス担当の大澤です。

                      本日は、いつもクラスの雰囲気をとっても明るくしてくださっている
                      Kさんがお休みでした。
                      大変寂しかったのですが、検定に向けて
                      どんどん勉強していきましょう!


                      さて、本日もまず最初は前回の復習のために過去問に挑戦。

                      なんと、Iさん100点!!

                      ホント、しっかりと復習してきてくださいました。
                      この調子でがんばっていきましょうね。

                      本日の授業、まずはカラーデザイン検定用のトーン表について。
                      カラーデザイン検定用とは言っても、PCCSのトーンの考え方と
                      基本的には同じです。
                      使う用語が違いますので、間違えないようにしてくださいね。

                      次はPCCSの色立体。
                      トーン表を立体化したものなのですが、
                      三次元空間のお話、女子にとっては少々難関。。。
                      みかんに例えて、イメージをふくらませて・・・。
                      頭の中いっぱい使って、なんとかクリアできました。
                      ホント、理解力に助けていただいてます。


                      そして、いよいよ本日のメイン、マンセル表色系です。
                      三属性や色の表記のしかたなど、PCCSと考え方が似ています。

                      ”似ているけれど、少し違う。”

                      実は、これが、覚えるのには大変ですよね。
                      しっかり違いを覚えないと、混乱してしまいます。

                      マンセル表色系のお話をするときに、
                      同時にPCCSについても比べながらお話しました。

                      そこで、矢継ぎ早にPCCSについて質問させていただいたのですが、
                      ホントに、完璧にお答えいただけました。
                      復習、ばっちり!

                      講師は感動です。

                      伝えたことが、伝わっているとわかった時、
                      講師としてこれほど嬉しいことはありません。
                      私の気持ちもUPします。
                      本当にありがたいなと思いました。

                      これからも、色の様々な世界のお話が待っています。

                      楽しい授業、わかりやすい授業になるよう、がんばりたいと思います。

                      本日も大変ありがとうございました。


                      大澤由美子









                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • バンコク校 火曜日
                        堀江智子
                      • バンコク校 木曜日
                      • バンコク校 木曜日
                        M子
                      • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
                        mika
                      • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
                        nami
                      • リレー診断☆
                        ゆうこ

                      links

                      profile

                      書いた記事数:2148 最後に更新した日:2015/06/27

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM