東櫻木曜クラス 初級第2回

0
    こんにちは。 浦東東櫻木曜クラス担当の大岩です。  さて、第2回の今日は、 【色と食と肌の関わり】 についてお話させて頂きました。  まず、“似合う色”とは何で決まるのか…?  洋服もメイクも、自分をより健康的に、元気に、素敵に見せる為の色選びが大切です!!  好きな色とは…好き・嫌いは自分の“心”が決める主観的なもの  似合う色とは…自分の持っている要素(肌・黒目・髪)の色による客観的なもの  という大きな違いがあります。  だから、“好きな色”は変わる事がありますが、 “似合う色”は特殊な事情を除いてほぼ変わる事はありません。  肌の色が2つのタイプに分かれることも驚きでしたが、 似合う色が日焼けをしても変わらないなんて、更に驚きでしたよね!!  肌の色みを作る3要素についてもお話しましたね。  ☆ヘモグロビン…血中の要素の1つで、全身に酸素を運ぶ役割  ☆メラニン…紫外線から肌を守る役割  ☆カロテン(カロチン)…緑黄色野菜に多く含まれ、顔色を良くする役割  があります。  その要素を整える為にも“食生活”は大切ですよね!!  昔からある“五目”とは、“種々のものが入り混じっていること”の意です。  私の姑がよく「料理は彩り良く!!」と言っていました。  まさにその通りだったんですね!!  たくさんの色の食材を使って、 いろんな料理を作り、 それを食べる事で栄養バランスが整い、 健康にも肌にも良い結果をもたらす…  昔の人は、そこまで知っていたのでしょうか…??  (うちの姑はおそらく理由は知らないと思います…笑)  中国には、昔から伝わる“陰陽五行説”というものがあるそうです。  陽=太陽、奇数、表、男性など  陰=月、偶数、裏、女性など  五行=木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)の5つの要素が循環することにより、万物が生成され、自然界が構成されているという思想   私が通っている整体院の先生は、この“陰陽説”に基づき、体の状態を診て下さいます。  私は極度の“陰”体質になっていたそうで、若い頃から年中冷えや頭痛、貧血、目眩がありました。  やはり、身体も“陰”と“陽”のバランスが大切だとの事で、食事についてのアドバイスも頂きました。  私の好きな珈琲、生野菜、果物…尽く“陰”の食材でした…  食材も“陰”と“陽”と“中性”に分かれ、なるべく偏りのない“中性”の食材を摂るよう注意されました。  奥様であり、母親でもある皆さんの作る食事は、自分だけでなく、家族全員の身体の状態を左右します。  食材を調達するのには苦労する上海ですが、 今日から早速、“五行”で食事を作ってみましょうね!!  最後に、血液型の由来と血液型にあった食事のお話をさせて頂きました。  毎年、様々なダイエット法が取り沙汰されますが、「全然効果が出なかった…」なんて事はありませんでしたか…?  その原因こそ、皆さんの血液型と関係していたんですね!!  これには皆さん、驚かれていましたね〜  ダイエットしたい方は、是非、ご自分の血液型にあった食材を試してみてくださいね!!  次回は、【色の三属性と見分け方】についてです。  色についての専門的なお話になります。 お楽しみに〜♪   2014.6.19 大岩 由美子  

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • バンコク校 火曜日
      堀江智子
    • バンコク校 木曜日
    • バンコク校 木曜日
      M子
    • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
      mika
    • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
      nami
    • リレー診断☆
      ゆうこ

    links

    profile

    書いた記事数:2148 最後に更新した日:2015/06/27

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM