東和校木曜クラス初級4回目

0

    こんにちは!

    東和校木曜クラスの碓井です。

    さて今回はいよいよ4回目「自分に似合う色を見つけよう!」ということでベースカラーの診断を
    行いました。みなさん、「これを待ってたんですよ〜〜〜!」と期待大!
    手

    私もやる気満々で望みます!kyu

    診断の前に似合う色を身に着けた時のOK効果とNG効果についてお話しました。

    イエローベースの布を顔にあてると必ず黄ばみます。が、その黄ばみは血色を足していると思って
    ください。イエローベースの方は自分のお肌に対して血色が足りないと不健康で老けた感じになって
    しまうのです。なのでイエローベースの布はイエローベースの方に対しては血色を足してくれ、
    肌をきれいにみせてくれますが、ブルーベースの方に対しては赤みがましたり、肌の厚みがでて
    野暮ったくなってしまいます。

    対してブルーベースの布を顔にあてると必ず白くなります。がその白さは血色を引いていると思って
    ください。ブルーベースの方は一般的に肌が薄く血色が出やすいのです。なのでブルーベースの布は
    ブルーベースの人に対しては赤みを馴染ませ、肌に透明感を与えます。イエローベースの人に対しては
    血色を無くし不健康で青白い肌になってしまいます。

    診断の結果(ブルーベースはB、イエローベースはY)(カッコはピンクタイプ)

    KnさんはB(パステル)、

    シャープでクールな印象のKさん、ブルーベースのドレープでお肌に透明感がMaxになります。逆に
    イエローベースのドレープで全体的に暗く重くなってしまいます。

    ピンクはショッキングもパステルもどちらも良く、より個性的になるのがショッキング、お肌の状態が
    非常によく優しい雰囲気も出すのがパステルです。

    KbさんはY(コーラル)

    いつも明るくて元気なKbさん、イエローベースのドレープで健康的な肌にぱっと華やかになります。
    対してブルーベースのドレープで血色が落ちてしまって、元気のない印象に・・・ピンクはコーラルピンク
    がKbさんのかわいくキュートな魅力をさらに引き立ててくれます。

    KtさんはB(パステル)

    ナチュラルな印象で和み系のムードメーカーのKさん、ブルーベースのドレープで爽やかさと柔らかさが
    より美しくみせてくれます。逆にイエローベースのドレープで同じく重たい印象に。

    ピンクはパステルピンクがとてもお似合いで優しく上品な魅力を引き立ててくれます。

    SさんはY(サーモン)

    落ちついた大人の雰囲気のSさん、イエローベースのドレープでお肌がしっとり、陶器のような毛穴レス
    になります。対してブルーベースのドレープで血色がなくなりちょっと疲れた印象になってしまいます。

    ピンクは毛穴レス効果の高いサーモンがよりリッチで大人な雰囲気に磨きをかけます。

    TさんB(パステル)

    ソフトな印象で癒され感と安心感のあるTさん、ブルーベースのドレープがお顔の立体感をよりはっきりと
    際立たせ、小顔効果があります。対してイエローベースのドレープで色目立ちがしてせっかくのTさんの
    お顔の印象が薄れてしまいます。

    ピンクはパステルが透明感とお肌の美しさをより引き立てます。

    OさんはY(コーラル)

    笑顔がたまらなくキュートなOさん、イエローベースのドレープで血色がぱっとでてキュートな印象が
    更にUP!!が、ブルーベースのドレープで血色がなくなり寂しい印象に・・・

    ピンクはより華やかなコーラルが若々しく艶と透明感をお肌に与えてくれます。

    KkさんはB (ショッキング)

    瞳が印象的なKkさん、ブルーベースのドレープで透明感と立体感が同時にでて瞳の印象がより強まります。
    一方イエローベースのドレープでお肌に厚みがでてしまいます。

    ピンクは一見派手に見えるショッキングもKkさんは色負けしておらず逆におしゃれな印象になります。

    ん?ブルーベースが多い!!!エクステンション

    私がちなみにブルーベースですが、割と上海に住む日本人はイエローベースの方が多いような気がしますkyu

    ちなみに中国人の方は割とイエローベースが多いような気がします。広い中国ですから地方によってタイプ
    は様々だと思います。同じ漢族でも北のハルピンと南の海南、東の上海、西のチベットまで気候、空気、
    水といった環境がそれぞれ違いますので、ルーツは一緒でも人類の過程で混血したりして現在にいたって
    いるのだと思います。

     

    ピンクはあくまで血色とのマッチングにより区別させていただきました。

    なぜピンクの診断が細かく必要かというとメイク用品で血色をのせるところはリップとチーク・・・

    リップとチークは基本ピンクですよね?ゆう★

    これは肌のベースカラーからすると基本はイエローベースは黄色を含むコーラルピンクとサーモンピンク、
    ブルーベースは青みを感じるパステルピンクとショッキングピンクは両方OKということになりますが、
    見たとおり、色の濃さ、鮮やかさが対照的なため、より
    お肌と印象にあったカラーを選ぶ必要性があるから
    なのです時々ウインクペコちゃん

    メイクに関しては次回5回目のメイクのところで詳しくお話しますね!ニコッ

    是非ご自分の現在お使いのメイク用品をお持ちください。

    お待ちしております!

    碓井 由美子


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • バンコク校 火曜日
      堀江智子
    • バンコク校 木曜日
    • バンコク校 木曜日
      M子
    • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
      mika
    • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
      nami
    • リレー診断☆
      ゆうこ

    links

    profile

    書いた記事数:2148 最後に更新した日:2015/06/27

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM