カラフルエイジング中級★第3回

0
    カラフルエイジングクラス担当 亀井 泉です。

    中級第3回では、色を使って分かりやすく表示している

    私たちの身の回りにある事例を、お伝えしています。


    色を使って、見分けやすくしている地下鉄路線図は

    黒だけのJR路線図より、目的の駅が探し易いと思っていました。

    しかし色覚特性の場合は、色の区別の見分けに違いがあって

    逆に見えにくい、という事も。。


             

    これは、円グラフの見え方の違いを表したものです。

    正常な場合に見えている赤と緑が、同じような色に見えるという事になりますね。

    他にどんな場面で、見えにくい事があるのかを調べてみました。

    その例をいくつか載せてみました。


    ・麻雀牌の色がわかりにくい。雀荘は暗いのでさらにわかりにくい。緑一色などの色で揃える手は苦手。
    ・カードゲーム「UNO」がしにくい。UNOは色以外に判別する記号がないので難しい。
    ・黒板の赤チョークの文字が見にくい。先生が強調する場合が多いので困りもの。
    ・色だけて表示されたトイレの使用中の表示は分かりにくい。淡い配色のブルーとピンクはつらい。
    ・赤色のレーザーポインタは見にくい。動かされると追い切れない。緑色のものは見やすい。
    ・夜間、タクシーの空車(緑)と乗車(橙)が直前まで見わけにくい。
    ・野菜の鮮度が落ち、茶色になっているのがわかりにくい。レタスが腐るのを緑色の濃い色だと勘違いしていた。
    ・焼肉の焼き具合の判定が苦手。早く焼けたと思ってしまう。
    ・果物の熟度がわかりにくい。特に夕張メロンは橙色と緑なので境界がはっきりしない。


    色の勉強をしていると、不便を感じている人がいる、って事に気がついて

    それを知らずに困らせてしまう事のないように、配慮が出来るようになりますよね。

    特に、今後自分の講座でも使いたいと思っていたレーザーポインターですが

    赤ではなく、緑を購入しようと思いました


    中級1単元でお伝えした【相手の立場に立つ】ルール9番は

    当事者でなければ、本当の気持ちや立場が分からないような事でも

    相手を理解しようと思う気持ちを持って

    上記のような不便に思う事、困っている事に

    真剣に耳を傾ける事から始めるとよいのでしょうね

    そのためには、ルールの2番、3番から始めなければならないので

    【10のルール】は本当に大切な事ばかりだと、改めて気が付きますね


    色の勉強を通して、自分の世界が広がっていくのを感じるこの頃です


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • バンコク校 火曜日
      堀江智子
    • バンコク校 木曜日
    • バンコク校 木曜日
      M子
    • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
      mika
    • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
      nami
    • リレー診断☆
      ゆうこ

    links

    profile

    書いた記事数:2148 最後に更新した日:2015/06/27

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM