東櫻木曜クラス 中級第2回

0
    こんにちは。浦東東櫻木曜クラス担当の大岩です。 今日は、中級Lesson2【色の基本Lesson〜中級編〜】についてお話させて頂きました。 まずは、どうやって色が見えるのかをグラフを用いて学びました。 初級Lesson1では、自然光と人工光の違いについて学びましたが、中級では、光の吸収と反射の違いによって見える色が異なる事を学びました。 普段聞き慣れない専門用語が次々襲ってきて、また空気が静かに流れたように感じましたが、“分光反射率曲線”も“分光分布図”も、グラフを作り、色を入れる事で、何となくでも視覚的に理解して頂けたのではないかと思います。 物体の反射率曲線と照明の分光分布図を重ねる事で、同じ物体でも照明の色によって物体の色の見え方が異なる事も知りましたね!! 言葉で説明すると、とても難しく聞こえますが、実は誰でも経験している事なんです… 例えば、橙の服を買ったと思って帰って見たら、実は赤だった…キレイな赤みのお刺身を買ったと思ったのに、帰って見たらくすんだ色だった…など、店内の照明の色によって、実際の色が違って見えたんです!! 私も何度も失敗を繰り返していましたが、これで失敗の理由がハッキリ理論的に解ったので、もう同じ失敗を繰り返す事は無いですね〜! 次に、混色理論についてお話させて頂きました。 文字通り、色と色を混ぜ合わせ、新たな色を作り出す事を“混色”と言います。 混色には、“加法混色”と“減法混色”の2通りの混色技法があります。 “加法混色”とは、光の波長を合わせて色を作り出す事です。 混ぜると色が明るくなり、全ての波長が合わさると“”になります。 対して“減法混色”とは、絵の具やインクなどを合わせて新たな色を作り出す事です。 混ぜると暗くなり、全ての色が合わさると“”になります。 身近な例で言うと、パソコンの画面の色が“加法混色”で、プリンターで印刷される色が“減法混色”です。 ですから、パソコンの画面で見た色とプリンターで印刷した色が微妙に違う…というのは、この原理の違いのせいなんです。 次に、目の仕組みについて学びました。 トンネルに入るとしばらく何も見えなくなるのは何故か…? トンネルを抜けると眩しいのは何故か…? 昼間明るいところでキレイに見える色と夜暗いところでキレイに見える色が異なるのは何故か…? 普段何気なく経験している事ですが、その理由が解ると面白くなりますよね!! 最後に、視覚から受けるイメージを利用した色として、“視認性”と“識別”についてお話させて頂きました。 “視認性”とは、看板や標識などで文字や印を読み取り易く配色する事です。 地の色と文字や印の色の明度差を大きくする事が大切です。 そして、人目を引くのは長波長の色、冷静な判断を促すのは短波長の色が効果的です。 道路、駅、空港などで看板がどんな配色になっているか、いろいろ探してみてくださいね〜!! “識別性”とは、複数同じものが存在する時に色を分けて識別する事です。 地下鉄の路線図がそうですね!! 複雑に絡み合う路線を色分けする事により、パッと見でどの路線か見分ける事が出来ます。 今日の内容は、全て検定に出題される内容だったので、理論ばかりでしたね… 最後の識別型テストで皆さん『色型人間』で感覚派だったので、理論尽くしの内容は頭が痛かった様ですね。 でも、すべて身の周りにある物のお話だったので、納得される事が多かった様です。 今回例に挙げたもの以外にも、今日聞いた理論に基づいて配色されているものがたくさんあると思います。 それを探してみるのも楽しいですね〜(*^_^*) 次回は、【色の見分け方】についてお話させて頂きます。お楽しみに〜♪ 2014.10.9 大岩 由美子

    東櫻木曜クラス 中級第1回

    0
      こんにちは。浦東東櫻木曜クラス担当の大岩です。 今日からいよいよ中級コースが始まりました!! 初級で学んだ事を活かして、皆さん“自分色”の装いでとても素敵でした(*^_^*) まず、1番乗りのS.Kさん。スモーキーなカーキのフリル付ジャケットの下に、グリーン系のベースにピンクと紫の大きな柄の入ったインパクト抜群のチュニック、イエローとブラウン系の大きな丸いトップのペンダント…全体的にイエローベースでしっかりまとめられ、しかも、今秋冬流行りのグリーン系に補色のピンク+紫で、“まとまり”と“きわだち”の配色がとてもバランス良く着こなされていらっしゃいました。 次にお越しのTさん。深いブルーのフレアスカート+グレーのトップス+白いカーディガン…全体的にブルーベースでキレイにまとめられていました。フレアスカートの素材が柔らかく、女性らしく優しい印象を受けました。 カーディガンとスカート、トップスの明度差が大きく、とても爽やかで軽やかに着こなしていらっしゃいました。 最後にお越しのS.Hさん。いつものパンツスタイルではなく、くすんだイエローのフレアスカートに、黒に近い赤茶のトップスと黒のカーディガン…ブルーベースのS.Hさんですが、トップスに深い赤茶を入れた事でイエローのスカートとも、ご自分のお肌とも、相性◎!!長めの黒いカーディガンを羽織る事で、苦手なイエローの色の分量が抑えられて、バランス良く着こなしていらっしゃいました。 授業を始める前に、皆さんの装いにとても感動しました!! 朝の忙しく限られた時間で、初級で学んだ色とラインと配色と診断結果をしっかり取り入れて、ご自分に似合う着こなしにチャレンジして来て下さった事、皆さんがそれぞれに自分らしさを表現出来ている事に、担当講師として、大きな幸せと責任を感じました!! この場は、ファッションもメイクも“試す場”として、どんどんチャレンジして頂きたいと思います…♡ さて、今日は中級Lesson1【人間関係向上のコミュニケーション学】についてお話させて頂きました。 人の悩みの80%が人間関係と言われる現代。 生活が便利になる一方で、大人も子供も心が疲弊している…と言われています。 人は1人では生きていけません。必ず誰かと関わりを持つ事になります。 外の世界(社会)との関わりを上手く持つようになるには、やはり“家”“家族”が基本となります。 その小さな社会でのコミュニケーション力がそのまま外の世界(社会)でも発揮されます。 家族の中心は、皆さん奥様であり、お母さんです!!皆さんは一家の太陽なんです!! ご主人・お子さまの全てを受け止めるには、まず、自分自身、大きな心を持つ必要があります。 お子さまの「ねえ!ママ聞いて〜!!」を、手を止めて、目を見て、ちゃんと聞く事、あまり多くを語らないご主人には「おかえり〜♡」と最高の笑顔でお迎えする事で、毎日会社で頑張るご主人も学校・幼稚園で頑張るお子さまも家で心身共に癒されて、くつろいで、英気を養って、また翌日外の世界で頑張れる… 皆さん一様に「家の中では時間に追われちゃって…」と反省モード… 誰だって疲れが溜まってイライラすることもあります。 が、気付いた今こそチャンスなんです!! 人間関係は“自分が変われば相手も変わる”んです!! 今日学んだ【人間関係を良くする10の法則】を早速今日から実践してみましょうね〜ヽ(´▽`)/ 2014.9.25 大岩 由美子

      東櫻木曜クラス 初級第7回

      0
        こんにちは。 浦東東櫻木曜クラス担当の大岩です。 今回は、【オシャレ配色LESSON〜配色の基本編】について、お話させて頂きました。 毎日身に付ける洋服やアクセサリー、インテリアなど、何となく…で色を選んでいる方が多いと思います。 が、アイテム数が多くなるほど、全体に対する“色の比率”が大切になってきます。 まず、最も重要なのが『ベースカラー』と言い、全体のイメージを決める重要な色です。 次に面積の大きな部分を『アソートカラー』と言い、ちょっと遊びを入れたりして個性を出す部分です。 最後に最も面積の小さな部分を『アクセントカラー』と言い、目立つ色をポイントとして入れて引き締めたり、同じトーン同士の色の間に置く事で両方の色を際立たせたり和らげたりします。 全体を100%とした場合、 『ベースカラー』:『アソートカラー』:『アクセントカラー』=70:25:5 の割合にするのがベストと言われています。 身近な例を挙げると、 ♡スーツ&シャツ&ネクタイ・アクセサリー・スカーフなど小物 ♡ワンピース&ジャケット・カーディガン&ベルト・アクセサリー・スカーフなど小物 ♡着物&帯&帯締め・衿など小物 ♡壁・カーペット&ソファー・カーテン&クッションなど小物 など、既に身の回りに溢れているんですね〜! そこで重要なのが“色選び”‼︎ 皆さんも色の組み合わせで悩まれる事があると思います。 配色の基本は『色相環』です‼︎ 配色には、色相を重視した“まとまり配色”と“きわだち配色”があります。 “まとまり配色”とは、色相差が同じか近い配色で、色相環内90度以内の色の組み合わせです。 最も馴染みのある、心地良い配色ですね。 “きわだち配色”とは、色相差が大きい配色で、色相環内90度以上の色の組み合わせです。 とても個性的で、活動的で、ポップな配色になりますね。 あなたの理想のイメージに合わせた配色になる色を選ぶには、この色相差が重要なポイントになります。 季節に合わせた配色、TPOに合わせた配色など、まずはベースとなる色を決め、そこからいろいろ試してみるのも楽しいですね〜🎶 これを踏まえて、更に「個性を出したい!」「オシャレに見せたい!」という時のワンランク上の配色が“ナチュラル配”と“ンプレックス配色”です。 ここでもやはり重要なのが“色相環”です&m#8252;︎ “ナチュラル配色”とは、色相環内で最も明るい黄に近い色は明るく、最も暗い青紫に近い色は暗くします。 ここでは、色相環内90度以内の“まとまり配色”である事が絶対条件です。 例えば、黄を明るくしたベージュと橙を暗くしたブラウン…これは、皆さん自然に取り入れていますよね! この配色は、自然界に溢れ、一般的に馴染みがあり、見慣れたものです。 “コンプレックス配色”とは、ナチュラル配色とは反対に黄に近い色は暗く、青紫に近い色は明るくします。 例えば、黄を暗くしたカーキと青緑を明るくしたターコイズグリーン、橙を暗くしたブラウンと青を明るくしたターコイズブルー…自然界に無い組み合わせなので、一見不自然で奇抜に感じるかもしれませんが、とても個性的で、幻想的で、エキゾチックな雰囲気になりますね〜。 この場合、色の比率がとても重要です。半々だと野暮ったくなってしまうので、7:3,8:2,9:1の割合にし、メリハリをつけると個性が出て、オシャレなイメージを与える配色になります。 今日は理論尽くしの内容で、いつもと違って空気が静かに流れていくのを感じました…f^_^; たくさんの技法が出てきましたが、難しく考えず、クローゼットの扉の内側に色相環を貼って、いろんな組み合わせを試してみて頂きたいと思います。 次回は、本来ならばLESSON8のメンタルトレーニングですが、この単元は高田先生に担当して頂ける事になったので、他のクラスと合同で後程行います…という事で、今回で私が担当する初級コースは修了となりました。 6月からゆっくり、じっくり、私のマイペースな授業にお付き合い頂き、ありがとうございました‼︎ 皆さま揃って次の中級コースに進んで下さる事になり、とても嬉しく思うと同時に、もっと楽しく、もっと解り易くお伝え出来るよう頑張ろう‼︎と気持ちが引き締まりました。 9/25(木)10:00より、同じメンバーで中級コースを開講させて頂きます! Tさん、S・Hさん、S・Kさん、よろしくお願い致します…m(_ _)m 2014.9.11 大岩 由美子

        東櫻木曜クラス 初級第6回

        0
          こんにちは。浦東東櫻木曜クラス担当の大岩です。 今回は【似合う洋服のライン&スタイリングLESSON】についてお話しさせて頂きました。 「好きだから」「流行ってたから」と気に入って買ったのに、実際に着てみたら「なんか違う…」とタンスの肥やしになっている洋服はありませんか? どうして、「なんか違う…」と思ったのか…? それは、自分に似合う洋服のラインではなかったから… では、自分に似合う洋服のラインとは何か? 【似合う洋服のライン】=【自分の体型のライン】でしたね‼︎ そして、その【体型】とは、肉付きではなく【骨格】で決まります。 体型のラインには、大きく3つのタイプに分かる事を学びましたね。 そして、皆さんの顎のライン、肩のライン、ウエスト〜ヒップのラインを診させて頂きました。 今回、【自分の体型のライン】が判明したので、【似合う洋服のライン】も同時に知る事が出来ました‼︎ これで、【自分に似合う色】と【似合う洋服のライン】が分かりましたね〜♪ 「早く洋服作りに布市場へ行きたいです〜♡」と仰った皆さんのキラキラした表情、とっても素敵でした♡ 上海は、オーダーメイドも格安で出来るので、自分に似合う色の生地を探し、自分のラインでオーダーする… ”オンリーワン”の一着を作れたら素敵ですね〜♪ 次回は、【オシャレ配色LESSON】です。 色の組合せ方、色の割合など、実践的な内容です。 お楽しみに〜♪ 2014.9.4 大岩 由美子

          東櫻木曜クラス 初級第5回

          0
            こんにちは。浦東東櫻木曜クラスの大岩です。 さて、今回は【似合う色でメイクをしよう!】でした。 皆さんは、メイク“する派”ですか?“しない派”ですか? 実は私、30代半ばまで“しない派”でした… 小さなお子さんをお持ちの方は、ついつい自分の事を後回しにしてしまいますよね。 私も3人の息子が小さいうちは、自分のメンテナンスも含め、 自分の外見を気にする事は皆無でした。 それに、最も大きな理由は、 「色の使い方、選び方が分からなかった」 という事です。 ファンデーションは首と色が違って顔だけ浮いちゃうし、 アイシャドウもリップも自分の好きな色、好きなイメージで選ぶと 妹からは「ニューハーフみたい…」と、 主人からは「化粧しない方がいい…」と言われ、 すっかり自信も気力も失っていました。 今、40代になり、血色が悪くなりくすんでいく自分を見て、 メイクの大切さ、重要性をしみじみ感じています。 フルメイク…とまではいかなくても、 顔の中でキレイな血色、健康的な血色が欲しいところ=『頬(チーク)』と『唇(リップ)』 は欠かせないアイテムになります。 より健康的に、より華やかに、より女性らしく見せるための、 そして、顔のバランスを黄金比率に近付けるためのメイク。 前回の診断で分かった“自分に似合う色”を参考に 自分で自分のお肌に合った色をチョイスすることが出来たら、 メイクがもっと楽しくなりますね〜♡ 次回は【似合う洋服のライン&スタイリングLESSON】です‼︎ 皆さんの骨格・身体のラインと洋服のラインの関係を学びます。 お楽しみに〜♪ 2014.8.28 大岩 由美子

            東櫻木曜クラス 初級第4回

            0
              こんにちは。浦東東櫻木曜クラス担当の大岩です。 さて、第4回目の今日は、皆さん待ちに待った【自分に似合う色を見つけよう】です!! その前に…まずは、似合う色の定義とは何か??                     自分に似合う色=自分の魅力を最大限に引き出してくれる色                 自分に似合わない色=自分の魅力を埋もれさせてしまう色 と言われると、断然“似合う色”を選びたくなりますよね〜♪ 前回の【色のアンダートーン】で、色が2つに分類されることを学びました。 皆さんのお肌・目(黒目)・髪の色も同じ様に2つのタイプに分かれます。 その中でも似合う色を診断する時に最も重要なのが、お肌の色黄みのお肌=オークル肌 青みのお肌=ピンク肌 と言われます。 ファンデーション選びでとても重要になってきます。 以上のことを踏まえ、皆さんの診断を行いました!! Tさん…ブルーベース/パステルピンクタイプ S・Kさん…イエローベース/サーモンピンクタイプ S・Hさん…ブルーベース/ショッキングピンクタイプ ちなみに…私はイエローベース/コーラルピンクタイプ このクラス、全タイプが揃っていました!! TさんとS・Hさん、S・Kさんと私、お肌のベースは同じでも、雰囲気やイメージが全く違うんですよね〜 診断によって、皆さんそれぞれの“得意色”も知ることが出来ましたね!! 今後は、自分のベースカラーや得意色を使って、 より生き生きと、キラキラ輝いて見えるようになったら嬉しいですよね〜♪ 洋服やメイク用品を買う時は、買う前に勇気を持って試してみてください!! その色が本当に自分にしっくりきているか…?生き生きと元気に見えているか…? 是非、ご自分の“目”で確認して頂きたいと思います。 次回は、【似合う色でメイクをしよう】です。 またまた皆さん、早く知りたいご様子ですが、夏休み明けまで暫くお休みになります… 夏休み中は、ショッピングの際にたくさんの色に触れて、試して、楽しんで頂けたらと思います。 それでは、楽しい夏休みを!! 2014.7.17 大岩 由美子

              東櫻木曜クラス 初級第3回

              0
                こんにちは。浦東東櫻木曜クラス担当の大岩です。 今日は、第3回目【色の三属性と見分け方】についてお話させて頂きました。 第1回目の【色の基本レッスン】でお話した“色の三属性”について詳しく学びましたね。 色相とは…? 明度とは…? 彩度とは…? 皆さん、何となくイメージ出来ましたか? 今はまだぼんやりでも、今後授業の中で繰り返し使っていく大切な“キーワード”なので、使っていくうちに覚えて頂けたら嬉しいです!! 色は、“温かみを感じる色”と“涼しく感じる色”と“どちらも感じない色”に分かれます。 それぞれの効能には、皆さん驚きも見られましたが、納得していらっしゃる様子も見られました。 この効能は、ファッションだけでなく、インテリアや内装などでも十分発揮されますので、次の模様替えや引越の際に、試してみてくださいね!! 企業やブランドのロゴマークについても、企業やブランドのイメージ・コンセプトに一致したイメージや効能を持つ色が採用されていましたね。 街のあちこちで見る企業やショップの看板などを見たら、使っている色からその企業・ショップのイメージ・コンセプトを図ることが出来ると思います。 それも、街歩きの楽しみの1つになりますね!! 色の明るさを変えることによる効能について、“引越のダンボール”を例にお話させて頂きました。 身近なところにも色の効能はたくさん活用されています。 お子さんのランドセルについても、同様のことが言えると思います。 今は、たくさんの色の商品が出ていますね。 これから用意される方は、この効能を考慮し、お子さんの好きな色で、且つ、“軽く感じる色”を選んであげるのもいいですよね〜♪ 色の鮮やかさによる効能も、皆さんの日常に活用されています。 “鮮やかで強い色”と“にごりやくすみのある優しい色”をTPOにより使い分けることが出来ますね!! イメージや季節感も含めて、テーマに沿った色選びが出来るようになったら楽しいですね〜♪ 最後に、“色のアンダートーン”についてお話させて頂きました。 同じ『』でも、2つのベースに分かれましたね。 これは、皆さんの“似合う色”を知る上で、とても大切な知識です。 そして、今後、コーディネートを考える上でもベースとなり、とても役立つ知識です。 まずは、基本の定義を覚えて、あとは、実際にたくさんの色を見て、「これはどっちかな…??」と識別してみて頂きたいと思います。 そして、自らの“目”で、少しずつ覚えて頂きたいと思います。 次回は、【自分に似合う色を見つけよう】です。 いよいよ皆さんの“似合う色”が判明します!! 早く知りたいですよね〜♪お楽しみに!!                                   2014.7.3 大岩 由美子

                東櫻木曜クラス 初級第2回

                0
                  こんにちは。 浦東東櫻木曜クラス担当の大岩です。  さて、第2回の今日は、 【色と食と肌の関わり】 についてお話させて頂きました。  まず、“似合う色”とは何で決まるのか…?  洋服もメイクも、自分をより健康的に、元気に、素敵に見せる為の色選びが大切です!!  好きな色とは…好き・嫌いは自分の“心”が決める主観的なもの  似合う色とは…自分の持っている要素(肌・黒目・髪)の色による客観的なもの  という大きな違いがあります。  だから、“好きな色”は変わる事がありますが、 “似合う色”は特殊な事情を除いてほぼ変わる事はありません。  肌の色が2つのタイプに分かれることも驚きでしたが、 似合う色が日焼けをしても変わらないなんて、更に驚きでしたよね!!  肌の色みを作る3要素についてもお話しましたね。  ☆ヘモグロビン…血中の要素の1つで、全身に酸素を運ぶ役割  ☆メラニン…紫外線から肌を守る役割  ☆カロテン(カロチン)…緑黄色野菜に多く含まれ、顔色を良くする役割  があります。  その要素を整える為にも“食生活”は大切ですよね!!  昔からある“五目”とは、“種々のものが入り混じっていること”の意です。  私の姑がよく「料理は彩り良く!!」と言っていました。  まさにその通りだったんですね!!  たくさんの色の食材を使って、 いろんな料理を作り、 それを食べる事で栄養バランスが整い、 健康にも肌にも良い結果をもたらす…  昔の人は、そこまで知っていたのでしょうか…??  (うちの姑はおそらく理由は知らないと思います…笑)  中国には、昔から伝わる“陰陽五行説”というものがあるそうです。  陽=太陽、奇数、表、男性など  陰=月、偶数、裏、女性など  五行=木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)の5つの要素が循環することにより、万物が生成され、自然界が構成されているという思想   私が通っている整体院の先生は、この“陰陽説”に基づき、体の状態を診て下さいます。  私は極度の“陰”体質になっていたそうで、若い頃から年中冷えや頭痛、貧血、目眩がありました。  やはり、身体も“陰”と“陽”のバランスが大切だとの事で、食事についてのアドバイスも頂きました。  私の好きな珈琲、生野菜、果物…尽く“陰”の食材でした…  食材も“陰”と“陽”と“中性”に分かれ、なるべく偏りのない“中性”の食材を摂るよう注意されました。  奥様であり、母親でもある皆さんの作る食事は、自分だけでなく、家族全員の身体の状態を左右します。  食材を調達するのには苦労する上海ですが、 今日から早速、“五行”で食事を作ってみましょうね!!  最後に、血液型の由来と血液型にあった食事のお話をさせて頂きました。  毎年、様々なダイエット法が取り沙汰されますが、「全然効果が出なかった…」なんて事はありませんでしたか…?  その原因こそ、皆さんの血液型と関係していたんですね!!  これには皆さん、驚かれていましたね〜  ダイエットしたい方は、是非、ご自分の血液型にあった食材を試してみてくださいね!!  次回は、【色の三属性と見分け方】についてです。  色についての専門的なお話になります。 お楽しみに〜♪   2014.6.19 大岩 由美子  

                  東櫻木曜クラス 第1回

                  0
                    こんにちは! 今日から浦東校東櫻初級クラスを担当させて頂きます、大岩です。 3名様の生徒さまと一緒に“色の楽しさ”を実感していきたいと思っております。 よろしくお願い致します! さて、第1回目の今日は、まず自己紹介の3つの基本の1つ目 “自分の名前を覚えてもらう自己紹介”のコツを学びました。 自己紹介って、結構苦手と仰る方が多いですよね… 生まれてから今まで当たり前に使ってきた自分の名前。 今回改めて自分の名前について考えてみました。 ♡漢字の特徴 ♡兄弟・姉妹との関係 ♡有名人と同じ名前 ♡ご両親の想い・願いと自分の想い など、 皆さん、自分の名前の説明をしっかり出来ましたね! お子さんの保護者会などでの自己紹介では 自分の名前だけでなく、 お子さんの名前についても同様に説明出来たら 親子で名前を覚えて頂けますね! この機会に“テッパンネタ”として 1分位にまとめておくと緊張せずに出来ると思います。 是非、やってみてくださいね!! 次に、【色の基本】についてお話させて頂きました。 物を見る時に必要な要素の1つ、“光”。 太陽光と照明について学びましたね。 光の種類や普段何気なく見ている物や現象の色についての理由を知る事で “私達の生活と色が密接に結びついている” という事を感じて頂けたと思います。 今後、効果的に“光”を使い分ける事が出来たら面白いですね。 色の三属性については初めて聞く単語だったと思いますが、 今後繰り返し出てくる大切な基本の単語です。 その中でも“補色”については 普段の生活の中で目にしている事が多いので、 より身近に感じて頂けたと思います。 照明と補色の知識を使って、 “食事をより美味しそうに見せる” “ダイエットする為に食欲を抑える” “食の細い子供の食欲を増進させる” など… 出来ることから“色の効果”を試してみて頂きたいと思います。 次回は、【色と食と肌の関わり】についてです。 女性としても 主婦としても とても興味深い内容になっていますのでお楽しみに…♪ 2014.6.12 大岩 由美子

                    1

                    calendar

                    S M T W T F S
                          1
                    2345678
                    9101112131415
                    16171819202122
                    23242526272829
                    30      
                    << September 2018 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    • バンコク校 火曜日
                      堀江智子
                    • バンコク校 木曜日
                    • バンコク校 木曜日
                      M子
                    • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
                      mika
                    • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
                      nami
                    • リレー診断☆
                      ゆうこ

                    links

                    profile

                    書いた記事数:2148 最後に更新した日:2015/06/27

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM