カラーデザイン検定3級対策講座(第8回)@古北校

0
    カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。

    記事のupが遅くなってしまいましたが、先週の水曜日に
    古北校でのカラーデザイン検定3級対策講座も最後のレッスンを迎えました。

    過去問題。。。
    ちょっと緊張しつつも、頭の中に貯めてきたこれまでの知識を引っ張り出して、
    頑張っていただきました鉛筆   お疲れさまでしたキラキラ

    みなさん不安なのは、やはり慣用色名のところですよね。
    私も、ここは自分が知っているのが出てきたらラッキーという感じで、
    過去の3級・2級の試験を受けていましたえへへ…
    JISで規定されている慣用色名269色が載っているサイトがこちら
    時間のある時にでも、見ておくと記憶の片隅に残るかもしれません。


    あとは問題をしっかり読んで、丁寧に見ていくことですね。
    例えば「適切なものを選びなさい」と問われているのか、
    不適切なものを選びなさい」と問われているのか。
    本当はちゃんと理解している問題を、ケアレスミスで落とすことは避けたいので
    落ち着いて問題を読みましょう〜にへ
    (これはいつも、自分に言い聞かせていることですにこ

    これまで頑張って講座に出席してくださった皆さん、本当にありがとうございました。


    Aさん・Fさんは、この講座で初めてfill color schoolにお越しいただきました。
    いつも積極的に参加していただき、とても嬉しかったです。
    丁寧にメモを取られる姿がとても印象的です。
    「カラー」の持つ面白さも同時にお伝えできていたのであれば、とても嬉しく思いますキラハート

    Tさん・Kさんは、美色コーディネイト講座終了後からのご参加でしたね。
    美色コーディネイト講座とはまた違った講座でしたが、いかがでしたか?
    自分の中で講座内容をしっかりと噛み砕いて、落とし込んでいかれる、
    とても真面目なお二人でしたね好
    ここで学ばれた色の基礎知識は、ベースカラー診断士や
    パーソナルカラーアナリストの道に進まれる場合にも、
    きっと役に立ちますので、ぜひ「カラー」の興味深いところを、
    更に掘り下げていただけたら。。。と思いますキラキラ

    この講座を持って、4月から担当させていただいた講座がすべて終了しました。
    そう思うと、何だかさみしくなってしまいました〜涙
    毎日カラーに携わっていて、周りから見たら
    「忙しくて大変そうね〜」と思われる日々だったかもしれませんが、とても充実していました。
    自分が好きだと思えることを全力でできる環境をいただけて、
    高田先生・受講生のみなさまには、心からの感謝の気持ちでいっぱいです薔薇

    それから、家族やお友達。
    支えてくれた周りのすべてのみなさま、ありがとうございました。

    急なことではありますが、主人の仕事の都合で、台湾に引っ越すことになりました。
    夏休み明けからは新しい生活が始まります。
    あちらでも、何らかの形でカラーに携わっていけたら。。。と思いますキラキラ
    本当に本当にありがとうございました。

    黒瀬 幸代


    カラーデザイン検定3級対策講座(第8回)@東櫻花苑校

    0
      カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。 

      金曜日の昼過ぎから体調を崩していました。
      何だか調子が悪いなぁ。。。と思い始めて、ベッドに横になったらあっという間に熱が出て
      関節が痛くなってきました汗
      金曜日の夜は苦しかったですが、土曜日には熱も下がり、昨日の午後くらいからは
      本調子に戻りましたチョキ

      私は軽い胃腸炎だったようですが、小学校では手足口病が流行っている様子。
      みなさまもどうぞお気を付けくださいね〜好



      さて、まだ元気だった(笑)金曜日の午前中は、カラーデザイン検定3級対策講座の最終回でした。
      8回の講座、あっという間でしたね〜。
      最後は過去問題に挑戦です鉛筆
      過去2回分から今回の出題範囲を抜粋しました。

      答え合わせをしながら、苦手なところ、問題をよく読まなくて間違えたところ、
      色々なところに気付いていただけたと思います。

      テストでは、みなさん一通り問題を解き終わったらもう一度答え合わせをされると思いますが、
      心をニュートラルの状態に持っていかないと、「答えは1だひらめき電球」と思って見てしまうと、
      もう、そのようにしか見えないんですよね〜。
      私も変な思いこみに何度やられたことかえへへ…
      ぜひテストの答え合わせの時には「心をリセット」してくださいね〜GOOD


      そうそう、少し前の「アメトーーク」
      「勉強しかしてこなかった芸人」というくくりの回で、
      過去のセンター試験(4択)で一番解答が多かったのが、「3」だったと言っていました。
      もし、どうしてもわからない〜汗 勘にたよるしかない。。。という場面に遭遇したら、
      私も「3」を選んでみようと思います。
      とはいえ、そんな問題はないほうがいいんですけど。。。笑


      東櫻花苑校で受講くださったOさん、Noさん、Naさん。
      皆さんは、美色コーディネイト講座 初級・中級クラスでもお付き合いがあったり、
      浦東マイスター倶楽部で一緒に活動する仲間だったりと、私にとって、とても身近な方々でしたハート

      全8回の講座に、いつも元気に来てくださって、本当にありがとうございました。
      「色」にとても興味をお持ちの皆さんでしたので、毎回とても熱心に取り組んでくださっていました。
      検定対策講座ですので、覚えなくてはならないこともたくさんありましたが、
      高田先生のオリジナルテキストで、楽しんで知識にしていただけたのではないかと思います音符

      8月の試験、一緒にがんばりましょうね〜。
      リラックスして、今までの力を出せばきっと大丈夫ですWハート
      本当にありがとうございました。


      黒瀬 幸代



      カラーデザイン検定3級対策講座(第7回)@古北校

      0
         カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。

        カラーデザイン検定3級講座、7回目を迎えました本
        これまで、色々と色に関する知識を蓄えていきました〜。
        そして今日は、カラーデザイン検定で使われるカラーシステム、パントンについて勉強しました。

        パントンはその発色のよさが、一番の持ち味でしたね〜ひらめき電球
        カラーカードを見てみると、それがよく分かります。
        上海で ☆ happy colorful life ☆



        色々な種類の色見本があるので、特徴的なものをチェックしながらの講座でした。
        覚えなくてはならないカタカナの名前が多く、こんなに勉強したら、
        もはやパントンの社員にしていただけるのでは。。。と思わせる内容でしたが、苦笑
        過去問題を解きながら、どのように出るか、またよく出る単語をチェックしながら進めていきました。


        ペーパー製も、コットン製も、プラスチック製も。。。様々な業界に合わせて、
        たくさんの色見本があるパントン。
        UNIQLOやソフトバンクなど身近な企業で採用されているカラーシステムを勉強しているなんて、
        ちょっとトリビア的知識を身につけているみたいですよね〜。

        後半はこれまでの色々な単元から過去問題を解いていただきました。
        頭の片隅にある記憶を引っ張ってきて。。。。たくさんの問題にチャレンジしましたガッツ
        そろそろ本番まで残り1ヶ月半ほどになってきたので、
        振り返りつつ復習していただければと思いますおんぷ

        次回は過去問題にチャレンジですビックリマーク
        ちょっと緊張しますが、これまでも過去問題をやってきていますので、それが集まったもの。
        と思って、プレッシャーに感じないでくださいね〜ニコニコ


        **************************************
        Kさんは転勤のため、今日の講座でラストになってしまいました。さみしい涙 
        いつも、うんうん。。。とうなずきながら話をきいてくださって、本当にありがとうございます。
        今回の受験は難しそうですが、次の機会にぜひチャレンジしてみてくださいね*花*
        Kさん、どうぞお元気でキラキラ☆


        黒瀬 幸代


        カラーデザイン検定3級対策講座(第6回)@東櫻花苑校

        0
          カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。  

          金曜日にお邪魔している東櫻花苑校の文化教室は、カラーの他にも中国語や英語、
          お花などなど色々なお稽古ごとで使われています。
          10時からの講座の前は、kids Englishのレッスンのようで、小さなお子さんとお母さんが出てこられます。
          朝一でのレッスン、小さなお子さんをお持ちの方には、準備がちょっと慌ただしいかもしれませんが、気持ちがシャキッとして、レッスン後の時間が有意義に使えそうですねハート

          10時からのカラーデザイン検定も、いつも熱心に参加してくださるみなさまと一緒に
          進めさせていただいています四つ葉

          講座も第6回目になりました。
          前半は色の効果について勉強しました。

          色を見て暖かさ・寒さを感じる時に、三属性(色相・明度・彩度)のうちどれが一番影響を与えるか?軽い・重いの場合は?
          膨張・収縮の場合は?? などなど。。。

          例を出しながら見ていきます。

          引っ越し屋さんの段ボール。
          汚れが目立たないように暗い色にしてみたけれど、その段ボールだと作業員の人がとても重く感じるので、
          やっぱり明るい色に戻ったという話。

          また、囲碁で使う碁石は、白と黒が同じくらいの大きさに見えるように、
          膨張色である白が、黒よりも直径が少しだけ(0.3弌望さいということ。

          美色コーディネイト講座の初級クラスでもお話しますが、このような検定対策講座でお話する方が、このクラスでのこれまでの色々な知識があるので、スーッと皆さんの頭に入っていくような気がしますGOOD


          後半では、過去問題を解いていきました〜。
          試験では、どのような問題が出されるのか。。。
          過去問題を解くと、自分の持っている知識をどう活かして行けば答えにたどりつくのか分かりますね〜ひらめき電球
          間違えれば、どうして間違えたのか、ひっかかってしまったのはどこか?などが印象に残るので、本番ではきっと大丈夫だと思いますおんぷ
          たくさんの過去問題を解きました。お疲れさまでしたビックリマーク

          来週もどうぞよろしくお願いいたしますきら

          黒瀬 幸代


          カラーデザイン検定3級対策講座(第6回)@古北校

          0
            カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。 

            第6回は、色の効果について勉強していきます。

            私たちの生活に色は欠かせないもの。
            イライラした気分の時には、観葉植物やグリーンのフラワーアレンジメントを見ると
            心が癒されたりき
            青空を眺めていると、心が落ち着いたり。。。
            色には文字通り、色々な効果とパワーがあります。

            お店のディスプレイ、洋服やアクセサリー、商品パッケージなどなど。。。。は、
            そのような色の印象効果や心理効果を考えて、作られています。


            例えば、「」は血行を良くして、血圧や体温を上げる効果があります。
            それに伴って、ドキドキ。。。と脈拍も早くなるので、時間の経過を早く感じるんですね〜ひらめき電球

            ・・・ということは、待ち合わせの場所に赤いインテリアのお店などは避けた方がいいですね!!
            時間の経過を早く感じるので、5分の遅刻でも、
            待っている方は、もっと長く待っているように感じてしまいます苦笑


            そして「」は副交感神経に作用します。
            体温、血圧を下げて、興奮が抑えられて、心身ともにリラックス〜蝶々した状態になります。
            また脈拍をゆっくりと安定させるため、時間の経過を遅く感じます。
            興奮を抑えられることで集中力が増すので、勉強部屋や仕事部屋などに使うと、効果的ですねひらめき電球

            また赤などの暖色は、体感温度が3度上がりうえ、青などの寒色は、体感温度が3度下がりますdown
            日当たりの悪い部屋のインテリアに暖色を使えば、感覚的に暖かく感じさせることができますし、
            真夏のインテリアには寒色系を使うことで、清涼感を出すことができます。
            これも色の知識があれば、自信を持ってできることですねハート


            今日の講座で、「なるほど〜ひらめき電球深い!!」と、色の面白さに興味を持っていただけた皆さんでしたら、
            日常生活で使われている色にも、「そういう理由があって、この色を使っているのね〜」と
            発見していただけることがたくさんありそうですね〜おんぷ


            来週は、過去問題の模擬試験前の最後の単元。
            パントンシステムについて勉強していきます著者名
            来週もどうぞよろしくお願いいたします好


            黒瀬 幸代


            カラーデザイン検定3級対策講座(第5回)@東櫻花苑校

            0
              カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。

              東櫻花苑校でもカラーデザイン検定3級対策講座は第5回目を迎えました。

              家インテリアについて

              部屋に入った時、一番最初に目に入るのが壁ですね〜。
              壁は、床の約3倍の面積があるので、お部屋の印象も大きく左右します。
              そして壁の色が、あまりに高明度、高彩度だと
              グレア(不快感や、物の見えづらさを生じさせるような眩しさのこと)を引き起こすので、
              注意が必要なのですひらめき電球


              この「グレア」。
              加齢により、目の中の水晶体が白濁してくると、明るい光がさらに眩しく感じてしまいます。
              一説によると、20歳に比べ70歳の高齢者は、2倍のグレア効果を受け、眩しさを強く感じるそうです。高齢者の方と一緒に住む場合は、光の入り方や照明などにも、より配慮が必要になってきますね。


              また、壁の色を決める時にはもう一点注意が必要です。
              それは「面積効果」と呼ばれるもの。
              同じ色でも、面積が大きくなるほど、明るく鮮やかに見えます。

              壁の色を決める際、小さな面積のサンプルで決めてしまうと、
              実際に出来上がったものが、かなり明るく感じてしまいます。
              できるだけ大きなサンプルを用意し、実際の色の見え方をイメージすると、
              サンプルと実際に出来上がったもののギャップを少なくすることができますニコニコ

              こちらのクラスでもインテリアについて勉強した後、ご自身でカラーカードを切り貼り・・・はさみ
              みなさんで和気あいあいと作業を進めていただきました。

              過去問題も解いていただきました。
              問題を解く場合は、ぜひ消去法で解いていきましょう。
              これビックリマークとピンと来た選択肢があっても、残りが確実に間違っているか、
              よーく目見てみてくださいね音譜

              今週もお疲れさまでした☆
              来週もどうぞよろしくお願いします好


              黒瀬 幸代


              カラーデザイン検定3級対策講座(第5回)@古北校

              0
                カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。

                今朝は雨がひどかったですね〜。
                大降りだったので、スクールに向かうのに久々に長靴を引っ張りだしました。
                日本もそろそろ梅雨入りとニュースでやっています。
                雨の季節、到来ですね〜かさ


                カラーデザイン検定3級対策講座 第5回目は、インテリアについて勉強しました。
                この単元を楽しみにしていてくださった受講生の方もいらっしゃいました、ありがとうございます音符

                この単元では、ナチュラル・カジュアル・トラディショナルなどのイメージに沿って、
                実際にご自分でカラーカードを切り貼りして、インテリアコーディネイトをしていただきます。


                みなさん、たくさんのカラーカードを目いっぱいに広げて、
                「自分の家だとしたら・・・」などと想像しながら作業されていました。

                「コーディネイトをするの、すごく楽しい! あっという間に一日終わっちゃいそうです音符
                「今日のお話を聞いたら、模様替えをしたくなりました(´∀`o)
                などと嬉しいご感想をいただきました。

                カラーデザイン1級の試験では、理論だけでなく、
                こうして実際に自分でコーディネイトする実技試験もあります。
                今日の作業をとても楽しんでおられた受講生のみなさまは、
                1級の実技試験でも緊張せずにできそうですね〜GOOD


                インテリアは、生活にとても身近なテーマなので、講座で勉強した知識を
                活かしていただければ嬉しいですハート

                例えば、部屋のイメージを変えたいな〜と思った時に、色の知識があれば、
                どんな色相やトーンを使えばいいのかがわかるので、感覚的に選ぶよりも、
                ずっと楽に自分のイメージに近いものを選ぶことができます。


                色々なお店のインテリアを見ながら、どのスタイルなのか、
                配色はアナロジーなのかコントラストなのか?
                ご自身はどういうスタイル・配色が好きなのか・・・などと考えながら、
                今回勉強したことを復習してみてくださいね〜ケアベア グリーン

                来週もどうぞよろしくお願いしますハート


                黒瀬 幸代


                カラーデザイン検定3級対策講座(第4回)@東櫻花苑校

                0
                   カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。

                  東櫻花苑校でのカラーデザイン検定3級対策講座。
                  久しぶりに3名のみなさまが揃って、楽しく講座を進めさせていただきました。

                  カラーデザイン検定は、色彩に関する試験ですが、その内容範囲が広〜いです。
                  ファッションやインテリアはもちろんのこと、
                  一見「色」と結びつきにくい「食」に関しても勉強します。


                  食の三原色は、『この三色が揃えば色どり良く見え、
                  さらに栄養的にもバランスがいい』という色のことです。
                  つまり、お弁当に「この三色をとりあえず入れておこう〜」と無意識に思う色のこと。
                  東櫻花苑校でも、古北校の講座でも、答えを言わずに
                  受講生のみなさまにお答えいただいたら、大正解〜あげでした。


                  そう、正解は「赤・黄・緑」なんです。
                  お弁当にプチトマト・たまごやき・ブロッコリーを入れておけば、見た目にキレイにみえますねにへ


                  そして、食べ物をよりおいしそうに見せてくれるのは、長波長成分を多く含む、白熱電球でしたねひらめき電球
                  家によっても違うとは思いますが、上海の家は、白熱電球が多い気がします。
                  「食べること」を何よりも大事に、楽しむ中国人。
                  真偽のほどは定かではありませんが、無意識のうちに、
                  食事をおいしく見せる白熱電球を選んでいるのでしょうかはてな5!


                  こうした色の知識は、生活に密着した場面でも、色々と活用していただけます。
                  来週も楽しい講座をお届けしたいと思います。
                  どうぞよろしくお願いいたします四つ葉

                  黒瀬 幸代

                  カラーデザイン検定3級対策講座(第4回)@古北校

                  0
                     カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。

                    今日のカラーデザイン検定3級対策講座は、
                    食べ物やファッションなど、毎日の生活に結びついている内容が多く、
                    受講生のみなさまの表情もリラックス〜ニコな感じで、楽しく進めさせていただきました。

                    食べ物は、白熱電気の下で見るとよりおいしそうに見える上げ上げ
                    逆にダイエットに使える、食欲減退色は青緑・青・紫・グレーなど。

                    というお話もしましたが、
                    昔、アメリカで「紫色のケチャップ」が売られていたのを思い出しましたひらめき電球
                    ネタに。。。と思って買って帰り、母がそれを使ってオムライスを作ってくれましたが、
                    全然おいしそうに見えなかった記憶があります苦笑

                    表のパッケージには「通常のものよりもビタミンC30%UP!!」と書いてありましたが、
                    どんなにビタミンCが増量されていてもまた買いたいとは思わなかったのでした汗2


                    やはり食べ物のパッケージは、
                    食品のイキのよさや、瑞々しさなどを強調して、
                    「おいしそうアゲアゲ」と消費者に思ってもらうことが大切ですね〜。


                    色は本当に、生活のすべてについているものなので、
                    こうして色々と知識を蓄えていくと、今まで見過ごしていた色々なものに気付けて、
                    おもしろいですね音符

                    さぁ、全8回講座も折り返し地点にやってきました〜。
                    最後まで楽しくお伝えできるよう、頑張っていきます。
                    来週もどうぞよろしくお願いいたしますハートぃっぱぃ


                    黒瀬 幸代


                    カラーデザイン検定3級対策講座(第3回)@古北校

                    0
                      カラーデザイン検定3級対策講座担当の黒瀬 幸代です。

                      今日は夏本番!みたいな暑さの上海ですね
                      それでも、「夏本番」よりはやっぱり湿度は低いので、
                      日陰に入ればとても気持ちがいいです

                      昨日は古北校でのカラーデザイン検定3級対策講座でした。
                      第3回目は「色名」についての単元です。
                      単に赤・黄・緑・・・というだけでなく、
                      ターコイズ、抹茶色などのように、物の名前で表わす慣用色名。
                      または「明るい緑みの青」(=ターコイズ)「やわらかい黄緑」(=抹茶色)というように、
                      想像しやすい修飾語をつける系統色名。
                      ・・・・などなど色々な表し方がありますね〜。


                      その中でも理解するのに頭を使うのが「系統色名」。
                      表現方法に色々と決まりごとがあり、
                      なかなかすっと頭に入ってきませんよね
                      私自身も、この単元を受講している時に、とーっても頭が痛くなった内容なので、
                      お伝えする側になった時は、混乱しないよう、わかりやすく。。。
                      と考えていましたが、実際にお伝えするのは難しく、
                      よりわかりやすい講座にするように、工夫が必要と振りかえったところです。

                      受講生のみなさま、お家で復習していただいて、
                      疑問などがあれば、いつでもおっしゃってくださいね
                      ご質問いただくことで、私自身にとっても勉強になります


                      色名と言えば。。。。
                      我が家の次男。
                      「ピンク」のことを「桃色」と言います。 なんだか古風(笑)
                      「ピンク」も「桃色」もJIS工業規格の慣用色名に規定されている色名です。
                      系統色名はどちらも「やわらかい赤」
                      なので、トーンはスモーキーになりますね
                      こんな色です

                      身の回りの色、慣用色名でいうなら何かな〜?
                      それを系統色名で言うならどう言えばいいかな〜?
                      それはどんなトーンかな〜?
                      と、ちょっと意識しながら過ごしてみてください

                      来週もどうぞよろしくお願いいたします


                      黒瀬 幸代


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • バンコク校 火曜日
                        堀江智子
                      • バンコク校 木曜日
                      • バンコク校 木曜日
                        M子
                      • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
                        mika
                      • 青島校☆中級講座・木曜クラス 
                        nami
                      • リレー診断☆
                        ゆうこ

                      links

                      profile

                      書いた記事数:2148 最後に更新した日:2015/06/27

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM